エックスサーバーは自由度が高く、WordPress以外も使えるのでオススメ

エックスサーバーはWordPressに適したレンタルサーバーですが、WordPress以外にも様々な用途のソフトを使うことができます。

 

アフィリエイターがWordPress以外に使うCMSというと、Movable Typeやシリウスなどでしょうか?

なお、エックスサーバーが公式で動作確認済みとしているのは以下のプログラムです。

  • WordPress
  • EC-CUBE4
  • EC-CUBE3
  • PukiWiki
  • concrete5
  • Joomla
  • MODX
  • Movable Type
  • Drupal
  • Magento
  • osCommerce
  • Zen Cart

*2019年8月14日現在。バージョンによっては動作しない場合もあります。

 

また、エックスサーバーの「簡単インストール」(カンタンな操作で各種CMSをインストールする機能)で対応しているのは以下の3種類です。

  • WordPress
  • EX-CUBE3
  • PukiWiki

 

私はNextcloudとJekyllを使いました。

私は、ブログを作るときはWordPressしか使いません。なのでエックスサーバーでもWordPressしか使っていなかったのですが、最近別のサービスを使いました。

 

それはNextcloudとJekyllです。

Nextcloudはオープンソースのオンラインストレージで、自分でDropboxのようなオンラインストレージを構築できるソフトウェアです。

一方、Jekyllは静的サイトジェネレーターです。ローカルで、動き、生成されたHTMLなどのファイルをサーバーにアップロードすることで、サイトを公開します。

 

私は以前、Sova WP(現在はサービス終了)やwpXクラウドなどのWordPress専用のレンタルサーバーを使っていました。

しかし、今回の各種ソフトはそういったWordPress専用のレンタルサーバーでは使えないので、エックスサーバーを使っていて良かったなと思いました。

 

最近はブロガーもアフィリエイターもWordPrsssを使っているユーザーが多いように感じますが、今回のようにWordPress以外のソフトやCMSを使うこともありえるんですよね。

エックスサーバーならそうしたWordPress以外のソフトも手軽に使えるので便利ですね(`・∀・´)

 

関連記事:WordPressにオススメなエックスサーバーの使い方と評判

公式サイト:エックスサーバー