ホワイトハウスのウェブサイトがWordPressで作られている理由

アメリカのホワイトハウスのウェブサイト(https://www.whitehouse.gov/)はWordPressで作られています。

DrupalからWordPressへ

ホワイトハウスのウェブサイトは元々「Drupal」(ドルーパル)というオープンソースのCMSで作られていました。

しかし、2017年12月中旬にウェブサイトがリニューアルされ、その際にCMSをDrupalからWordPressに移行しました。

ホワイトハウスのウェブサイトを確認してみると確かにWordPressが使われていることが確認できます。

例えば、画像のURLが以下のように明らかにWordPressを利用しているものになっています。

「https://www.whitehouse.gov/wp-content/uploads/2020/07/President-…」

WordPressに移行した理由は経費削減

CMSをDrupalからWordPressへ移行した主な理由は経費削減とのことです。

ホワイトハウスのウェブサイトはこれまで年間600万ドル以上のコストがかかっていたそうですが、CMSをWordPressに変更することで年間300万ドル以上節約することができるそうです。

ホワイトハウスの広報関係者はニュースサイトの「Washington Examiner」に「我々は現在、経費を年間60%以上節約している」と語っています。

まとめ

ホワイトハウスのウェブサイト(whitehouse.gov)はWordPressを使うことでサイト運用の経費を大幅に削減できたんですね。

whitehouse.govのような世界的に重要・有名なウェブサイトにWordPressが使われているというのは、WordPressの強みの1つだと思います。

政府機関のサイトでWordPressが使われているとわかれば信頼感が高まりますし、WordPressの運用事例としても価値があると思います。

「WordPressはセキュリティが不安ではないか(´・ω・`)」と個人的には思っていたのですが、こうしてWhite House のウェブサイトに使用されているのを見ると、ちゃんと運用すれば問題ないということがわかります。

whitehouse.govはWordPressが使用されている事例として覚えておきたいですね。


参考