WordPressのパーマリンクをSEOに有利な形に変更する方法

WordPressのパーマリンクをSEOに有利な形に変更する方法を解説します。

 

パーマリンクとは

パーマリンクとはパーマネントリンク(Permanent Link)の略で、ウェブサイトやブログの各記事やページ毎に設定したURLのことです。

例えば「https://example.com/category/apple/」というURLがあったら、「category/apple」がパーマリンクになります。

 

パーマリンクの「パーマ」は「パーマネント」の略で「長持ち、半永久的」という意味です。

髪の毛のパーマと同じですね。

意味どおり、URLが半永久的に変わらないため、パーマリンクと言います。

 

パーマリンク(URL構造)は最初に決める

パーマリンク、すなわちURLが途中で変わってしまうと、Googleなどの検索エンジンからの評価が下がったり、他のウェブサイトから貼られたリンクがリンク切れになってしまう可能性があります。

ですから、URL(パーマリンク)は基本的に一度決めたらずっと変更しないことが前提です。

 

WordPressであれば、多くの無料ブログなどとは違い、パーマリンクを自由に設定することができます。

ですが、上記の理由から、パーマリンクの設定はウェブサイトやブログを書き始める前に決めておくことが望ましいです。

従って、以下のパーマリンクの設定はサイトやブログを立ち上げてすぐに行うのが好ましいです。

 

SEOに強いWordPressのパーマリンク

WordPressのパーマリンクは自分の好みに設定すればいいというものではありません。

もちろん、趣味のブログであれば自由でいいのですが、ビジネスなどアクセス数や利便性を求めるのであれば、検索エンジンで表示されやすい、SEOに効果的なパーマリンクを設定することが大切です。

SEOに効果的なパーマリンク(URLの構造)に関してはGoogleがヘルプで公開しています。

 

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。

論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

URL では区切り記号を使うと効果的です。

http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

引用元:シンプルな URL 構造を維持する – Search Console ヘルプ

 

WordPressのパーマリンクはデフォルトではID(特に意味のない番号)が設定される様になっています。

例:https://example.com/?p=123

 

そこで、Googleが推奨しているシンプルなURL構造を実現するために、パーマリンク設定を「投稿名」に設定しましょう。

「投稿名」とは以下の様な形です。

例:https://example.com/post-name

 

設定方法は以下の通りです。

 

WordPressでパーマリンク設定を変更する方法

WordPressのサイドバーから「設定」→「パーマリンク設定」を開く。

WordPress パーマリンクの設定

「パーマリンク設定」の共通設定を「投稿名」にチェックを入れ(1)、青い「変更を保存」ボタンをクリックする(2)。

WordPress パーマリンクの設定

 

これで完了です。

 

まとめ

WordPressのパーマリンク設定を変更することで、URLを検索エンジンにとっても、ユーザーにとってもわかりやすいものにすることができます。

後から設定すると、これまで書いた記事のURLが全て変わってしまい大変なので、サイトやブログを立ち上げたら記事を書くまえに真っ先に設定しておきましょう。