Sonyのワイヤレスノイキャンヘッドホン「WH-1000XM3」のレビュー

Sonyのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM3」を買って使ってみたのですが、かなり良かったので紹介します。

元々このヘッドフォンを知ったのは、YouTuber・瀬戸弘司さんの以下の動画でした。

私は10年ほど前にもノイキャンのヘッドフォンを持っていましたが、性能が全然よくなかったので、この動画を見ても半信半疑で「そんなにすごいの?(´・∀・`)」と思いました。

しかし、瀬戸さんが非常に興奮してレビューをしていたので非常に気になりました。そこで、家電量販店のエディオンに行った際に試してみました。

エディオンで実際に「WH-1000XM3」を使ってみて衝撃を受けました。まさに「静寂」と言う感じ。

「ノイキャンすげーー┗( ^o^)┛」って思いましたね。

しかし、値段が高かったのでしばらく保留。その後、当時使っていたイヤフォン(iPhoneに付属しているやつ)が壊れたのでAmazonで「WH-1000XM3」を買いました。

Amazonで購入したのは、Amazonが一番安かったからです。価格.comで値段を確認しました(`・ω・´)
Ryke
Ryke

「WH-1000XM3」の良いところと悪いところ

WH-1000XM3の良いところと悪いところを紹介します。

強力なノイキャン

目玉のノイズキャンセリング機能はかなり高性能です。

周りがうるさい家電量販店で試しましたが、つけた瞬間に静寂が訪れます。

周りのお客さんの声、テレビ売り場のテレビの音、空調の音など、周りのガヤガヤした音が全て消えました。

実際に購入し自宅で使った際も、車の音、雨の音、人の話し声、何もかも消えます。これはかなり凄い。

このノイズキャンセリングは本当にすごいので家電量販店などでぜひ一度試して欲しいです。

有線接続もできる!

WH-1000XM3には1.2mのヘッドフォンケーブルも付いており、ワイヤレスではなく有線でデバイスと接続することもできます。

私はPS4でゲームをプレイする際に有線接続で使っています(PS4はワイヤレス接続ができないため)。

これ地味に嬉しいポイントです。

充電はUSB-C端子で

WH-1000XM3で地味に良いなと思ったのは、充電ケーブルが「USB-A to USB-C」である点です。ヘッドフォン側がUSB-Cです。

MacBookやiPad Proなどに採用されて話題になっていたUSB-Cを初めて使ったのですが、これいいですね。

裏表がないですし、抜き差しも固すぎず緩すぎずでいい感じ。非常に使いやすいです。

「よくぞUSB-Cを採用してくれた!」って思いました。

「USB-Cってこんなに便利だったんだ!(=´∀`)」と思いました。
Ryke
Ryke

値段が高い

WH-1000XM3の悪いところはヘッドフォンとしては高額なところですね。

WH-1000XM3はオープン価格で、だいたいどこのお店(ネットショップ)でも3万円前後で売っています。

ヘッドフォンに3万円出すというのはちょっと気軽にはできないなと思いました。

実際私も、欲しいなーと思いながら何ヶ月も買わずにいました(´・∀・`)

まとめ

値段はちょっとお高めですけど、それだけクオリティの高い一品だと思います。かなりオススメ(o゚▽゚)o

なお、現在は新型のXM4が出ています。