[SEO]ブログのURLをパソコンとスマフォで分けてはいけない理由

ブログやウェブサイトでページ(URL)がパソコン版とモバイル版(スマフォ版)で違う場合がありますよね。

例えば以下のように。

  • パソコン版:example.com
  • スマフォ版:m.example.com

 

このようなサイトは結構見るのですが、結論から言うと、このようにパソコン版とモバイル版(スマフォ版)でURLを分けるのはやめた方が良いです。

理由はいくつかあるのですが、今回はSEOの観点から解説します。

 

SEOとモバイル対応

SEOにおいて、サイトやブログのモバイル対応はとても大切です。

しかし、パソコン版とモバイル版(スマフォ版)でURLを分けるのはSEO上、マイナスになる可能性があるので、やめた方が良いです。

 

被リンクが分散する

パソコン版とモバイル版(スマフォ版)でURLを分けてはいけない理由が被リンクが分散するためです。

URLが複数あると、ページをブログで紹介したり、SNSでシェアした際に、同じページであるにも関わらず、様々なURLのリンクがシェアされることになります。

しかし、URLが1つに統一されていれば、パソコンでシェアしても、モバイルでシェアしてもシェアされたリンクは同じものになります。

そのため、被リンクが1つのページ(URL)に集中し、SEOの効果の向上が見込めます。

 

リダイレクトする必要がある

パソコンでモバイル版のページにアクセスした場合(もしくは逆)、モバイル版のページからパソコン版のページ(URL)にリダイレクトする必要が出てきます。

リダイレクトを設定すると、読み込み(サイトの表示スピード)が遅くなってしまします。

読み込みスピードが遅くなるのはUX的にもSEO的にもマイナスです。

かといって、リダイレクトをしないと、パソコンの大きい画面にモバイル版のページが表示されてしまったり、スマフォの小さい画面にパソコン版のサイトが表示されてしまい、UI/UX(使い勝手)が悪くなってしまいます。

 

1つのページでパソコン版とモバイル版、2つのページを表示し、URLを統一すればリダイレクトの必要は無くなります。

 

Googleに正しくインデックスされなくなる

ブログやウェブサイトはGoogleにインデックスされることで、検索結果の一覧ページに出てきます。

1つのページに複数のURLがある場合、それらが「パソコン版とモバイル版に別れている同じページ」であることを正しくGoogleに伝えなくてはなりません。

そのためには、HTMLの編集や正しいリダイレクトの設定が必要になります。

そうしないと、同じ内容でデザインが違うページが複数あるようにGoogleが認識してしまう恐れがあるからです。

 

しかし、URLがパソコンであれモバイルであれ同じものであれば、各ページが正確にGoogleにインデックスされますから、そのような面倒な設定は必要ありません。

 

まとめ:解決法

ブログやウェブサイトのURLをパソコン版とスマフォ版で分けるのはやめましょう。

どちらも同じ1つのURLで表示できるようにすべきです。

 

解決方法

URLをパソコン版とスマフォ版で分けてはいけないのならば、どうすれば良いのか?

解決方法はいくつかありますが、オススメはレスポンシブデザインを導入することです。

レスポンシブデザインはGoogleも推奨している良い解決策です。

レスポンシブ ウェブ デザインとは、ユーザーがパソコン、タブレット、スマートフォンのいずれを使用していても、ページでは同じ URL と同じコードを使用し、画面サイズに応じて表示のみを調整することを意味します。Google では、他の設計方法よりもレスポンシブ ウェブ デザインを使用することをおすすめします。

引用元:Google Developers