同性婚が認められた国で同性愛者の自殺率が大幅に減少

デンマークとスウェーデンでは同性婚が法的に認められた後に、同性愛者の自殺率が大幅に減少しているとの研究結果が公表されています。

 

同性婚を法制化後、同性愛者の自殺が減少

ハフポストから記事を引用します。

 

セクシュアルマイノリティの権利保護に早くから取り組んできた、デンマークとスウェーデン。

この2つの国で、同性婚が認められた後に同性愛者の自死率が大幅に減少していることが、研究によって明らかになりました。

研究者は「同性婚を法律で制度化することで、セクシュアルマイノリティに対するスティグマを無くす可能性があるのでは」と指摘します。

 

研究は、デンマーク自死予防研究所とストックホルム大学が共同で実施。同性カップルと異性カップルの自死率を、1989〜2002年と2003〜2016年で比較しました。

その結果、1989〜2002年に比べて、2003〜2016年の同性カップルの自死率は46%も減少していました。異性カップルも28%下がっていました。

「デンマークでは、ここ数十年で自死率が全般的に下がっていますが、中でも同性婚関係にある人たちは急速に下がっている」と研究者たちは指摘します。

 

こういった同性婚の法制化やセクシュアルマイノリティの権利拡大が、同性カップルの自死予防に繋がっているのではないかと、研究者は考えています。

研究に携わったデンマーク自死予防研究所のアネット・アーランソン氏は、研究結果についてロイターに次のように話します。

「結婚していることは、自死の予防となります」

「同性婚を法制化することやその他の法的支援には、セクシュアルマイノリティの人たちへのスティグマを減らす可能性があるのかもしれません」

 

これは同性婚の法制化による素晴らしい成果といえるのではないでしょうか。

 

アメリカでも似た研究結果

デンマークとスウェーデンだけでなく、米国(アメリカ合衆国)でも似たような研究結果があるようです。

BBCの報道によると、米国では同性婚の合法化により、高校生の自殺企図が7%減少し、さらに性的マイノリティの間では14%減少したといいます。

 

まとめ

同性婚をはじめとするLGBTの権利に関する法律が整っているということは、その制度だけでなく、社会に同性愛者を受け入れる雰囲気や環境ができているということですよね。

そう考えると同性愛者の自殺率が減るのは納得です。

 

日本でも同性愛者は異性愛者と比べ、自殺や自殺未遂が多いという研究結果が出ています。

日本では渋谷区と世田谷区の「同性パートナーシップ証明制度」など、一部の自治体で同性婚の代わりとなる制度を実施していますが、十分な状況とは言い難いです。

もし日本全土でこうした制度、もっといえば同性婚が認められれば、日本でもセクシャルマイノリティーをはじめとする全ての人々の自殺を減らすことができるかもしれません。

 

Source: