死刑に犯罪の抑止力はない

死刑

個人的に気になったので調べてみたのですが、死刑に犯罪の抑止力はないらしいです。

ソースは色々ありますが、カンタンな言葉でわかりやすくまとまっている「アムネスティ」の記事を引用します。

 

死刑には、他の刑罰に比べて特別な抑止効果があるとはいえない、というのが今日の世界における共通の認識です。

確かに、死刑制度をなくした場合、犯罪の抑止効果が薄れるような気がするものです。しかし、実はそうではありません。科学的な研究において、「死刑が他の刑罰に比べて効果的に犯罪を抑止する」という確実な証明は、なされていないのです。

国連からの委託により、「死刑と殺人発生率の関係」に関する研究が、たびたび実施されています。最新の調査(2002年)では「死刑が終身刑よりも大きな抑止力を持つことを科学的に裏付ける研究はない。そのような裏付けが近々得られる可能性はない。抑止力仮説を積極的に支持する証拠は見つかっていない」との結論が出されています。

すなわち、「犯罪発生を抑えるためには、死刑が必要である」ということは、正しいとは言えないことが分かります。

1981年に死刑を廃止したフランスの統計でも、死刑廃止前後で、殺人発生率に大きな変化はみられません。韓国でも、1997年12月、一日に23人が処刑されましたが、この前後で殺人発生率に違いが無かった、という調査が報告されました。また、人口構成比などの点でよく似た社会といわれるアメリカとカナダを比べても、死刑制度を廃止していない米国よりも、1962年に死刑執行を停止し、1976年に死刑制度を廃止したカナダの方が殺人率は低いのです。つまり、死刑制度によって殺人事件の悲劇を封じ込めることは、できないのです。

引用元:死刑に関するQ&A : アムネスティ日本 AMNESTY

 

ですよねー。

連続殺人犯や無差別殺人犯が「これ以上殺すと、死刑になるから、殺人は2人までにしておこう」とか「どうせ死刑にはならないから1人でも多く殺した方が特だ」なんて損得勘定をするようには個人的に思えません。

多くはないと思いますが、中には「死刑になりたかった」と言って罪を犯す人もいますしね。

麻薬の売買や窃盗等ならまた変わるかもしれませんが、麻薬の売買や窃盗程度で死刑になる国なんてそうそうないですしね…

 

調べてみると、死刑には抑止力があるという主張も相変わらず多いものの、信頼できるデータは見つかりませんでした。

本当に死刑に明らかな抑止力があるんですかね?(もし信頼できるデータを知っている方は教えて欲しいです。)

 

死刑に反対する理由が増えた

死刑に反対する理由はいくつかありますが、今回、抑止力がないということを知ってますますその想いが強化されましたね。

 

そもそも、これは死刑に限らずですが、「法律がないと(厳罰化しないと)人間は罪を犯してしまう」という主張自体、私は懐疑的です。

これ逆に言えば「人間が罪を犯さないのは法律があるから」ってことですよね。

ルールがないと罪を犯してしまうほど人間ってクズなんですかね。私はルールがなくても案外人間は罪を犯さないのではないかと思いますけどね。

 

特に日本は世界的に平和な国。多少法律を緩めた瞬間、モラルが崩壊するほど日本人がクズだとは思えません。

正しい教育がなされていれば、ルールがない(ルールが緩い)としても、そう悪さをするような人間は生まれないと思いますよ。

 

関連記事:死刑より終身刑の方が安上がり