Google AdSenseを追尾広告にするのは原則禁止!でも許可をとればOK

Google AdSense 追尾広告

ウェブサイトやブログの中にはサイドバーにスクロールに合わせて追尾する広告を設置しているサイトがありますよね。

しかし、Google AdSenseの場合、そのような追尾型広告としてAdSenseを設置することはポリシー違反(禁止)です。

 

一部許可されたアカウントのみ可能

Google AdSenseをサイドバーの追尾広告にすることは禁止ですが、実はGoogleに認められればOKです。

公式のヘルプにも書かれていますね。

スクロールしても画面の左右に固定されている広告を見かけることがあるのですが、これはポリシー違反に該当しますか?

そのような広告は「追尾広告」と呼ばれるもので、Google から承認されたサイト運営者のみが配置できます。適切に承認されていないサイト運営者によるこの種の広告が確認された場合は、何らかの措置を講じます。

引用元:AdSense ポリシーに関するよくある質問 – AdSense ヘルプ

 

ポリシーで禁止されているにも関わらず、一部のメディアや有名ブログでGoogle AdSenseが追尾広告になっているのはGoogleから承認された方ということですね(中には知らずに設置してしまっている方もいそうですが…)。

Googleから承認を受けていないユーザーがAdSenseを追尾広告にすると、アカウント停止処分となる場合もあるので、絶対にやらないようにしましょう。

 

追尾広告をGoogleに承認される条件ですが、具体的な基準は公開されていません。

収益、インプレッション数、クリック数など、アカウント全体の情報を元に判断しているとのことです。

 

Google AdSenseでは条件を満たせばサポートチームにメールで問い合わせることができるので、追尾広告に興味がある方や自分のGoogle AdSenseの実績に自信がある方は直接問い合わせてみるといいでしょう。

関連:Google AdSenseでメールサポートを受ける方法

 

まとめ

追尾広告にどの程度の効果があるのかわかりませんが、サイト運営者なら一度は試してみたいですね。

しかし、通常はAdSenseの追尾広告は禁止ですから、絶対に設定しないようにしましょう。

 

時々、Google AdSenseを追尾型広告にしているユーザーを見かけますが、ポリシーを知らずミスを犯しているか、上で説明した通り、Googleが許可を出した特殊なサイトのみです。

真似はしないように気をつけましょう。

 

稼ごうとして追尾広告にした結果、アカウント停止などのペナルティを受けてしまったら元も子もないですからね。

気になる方はGoogleに直接問い合わせて許可をもらいましょう!