Google AdSenseの禁止コンテンツについて

Google AdSenseを利用するウェブサイト、ブログで扱ってはいけない内容(禁止コンテンツ、コンテンツポリシー)について解説します。

 

禁止コンテンツを掲載してはいけない

Google AdSenseを利用するウェブサイト、ブログではGoogleが定めた禁止コンテンツを掲載してはいけません。

Google AdSenseを利用するにあたって、Googleの審査を受けなければなりませんが、ウェブサイトやブログに禁止コンテンツがあると、審査に通りません。

もちろん、審査通過後も、Google AdSenseを利用しているサイトでは禁止コンテンツを掲載してはいけません。

Googleはプログラムとスタッフによる目視の両方で掲載しているコンテンツをチェックしています。

もしGoogle AdSenseを利用しているサイトに、禁止コンテンツが掲載されている場合、AdSenseアカウントに警告が来たり、広告配信が停止する可能性があります。

最悪の場合、Google AdSenseのアカウントが削除される可能性もあるので注意しましょう。

 

禁止コンテンツの一例

実際にどの様なコンテンツが禁止コンテンツなのか一例を紹介・解説します。

 

性的なコンテンツ

Google AdSenseでは性的なコンテンツ(いわゆるエロ、アダルトコンテンツ)は禁止です。

人間の裸などはもちろん、不倫や浮気、売春、(真面目な)性行為のヒントなどもNGです。

一般的に未成年でも見られる様な水着や下着姿の写真、写実的なヌードなども、性的なものと判断されればNGなので注意しましょう。

また、対象が仮想(漫画やアニメなど)もNGです。

 

児童の性的虐待や小児性愛に関するコンテンツ

いわゆる児童ポルノが禁止です。

Googleの児童ポルノに対する姿勢はアメリカ合衆国の連邦法に法っており、非常に厳しいので注意しましょう。

実在の児童はもちろん、漫画やフィギュアなど、いわゆる二次元も対象です。

日本の法律から想像される児童ポルノとは基準が違うので注意しましょう。

 

Google AdSenseは先ほど解説した性的なコンテンツ(通常のアダルトコンテンツ)であれば、悪質でない限り、修正のチャンスが与えられます。

例「アカウントが停止されても、問題のエロ画像を削除すればアカウントが復活する」

ですが、児童ポルノだけは別です。児童ポルノは容赦無く一発でアカウント削除です。

参考:Google AdSenseは児童ポルノを扱うと一発でアカウント閉鎖に!

 

ユーザーに強いショックや不快感を与えるコンテンツ

暴力的なコンテンツやグロテスクなコンテンツもNGです。

 

爆発物に関するコンテンツ

爆発物(手榴弾や爆竹、爆発する花火)を宣伝したり、入手方法を解説するのはNGです。

 

銃や銃の部品と関連商品に関するコンテンツ

銃(本物と見分けがつかないものを含む)の宣伝や組み立て方の解説など。

 

武器および兵器に関するコンテンツ

(人を傷つけることを前提とした)ナイフやテーザー銃(スタンガン)の宣伝など。

 

タバコに関するコンテンツ

タバコやタバコ関連商品の販売を宣伝するコンテンツもNGです。

日本はタバコに関する規制が緩いですが、注意しましょう。

 

危険ドラッグに関するコンテンツ

危険ドラッグの宣伝や購入方法の解説などはNGです。

 

アルコールの販売や乱用に関するコンテンツ

アルコール飲料のオンライン販売を促進するコンテンツはNGです。

また、アルコールの無責任な消費(一気飲みなど)を好ましく描写するのもNGです。

 

オンライン ギャンブルに関するコンテンツ

オンラインギャンブルの宣伝もNGです。

 

処方薬に関するコンテンツ

処方薬のオンライン販売を宣伝するコンテンツはNGです。

 

未承認の医薬品やサプリメントに関するコンテンツ

未承認の医薬品やサプリメントの販売に関するコンテンツはNGです。

 

Google Play ストアから削除されたアプリ

Google Play ポリシーに違反しているため Google Play ストアから削除されたアプリはNGです。

 

違法なコンテンツ

違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツはNGです。

 

知的財産権の侵害

著作権を侵害しているコンテンツはNGです。

まとめサイトなどを作る際は注意しましょう。

また、偽ブランドの宣伝等もNGです。

 

絶滅危惧種

絶滅危惧種から作られた製品の販売を促進するコンテンツはNGです。

日本で有名なものだと象牙などが禁止です。

 

危険または中傷的なコンテンツ

性差別や人種差別などのヘイトコンテンツ、およびヘイトを助長するコンテンツは禁止です。

他にも個人に対する誹謗中傷、リベンジポルノなどもNGです。

 

不正行為を助長する商品やサービス

パスポートの販売や違法コンテンツのダウンロードなどの不正行為を助長するコンテンツはNGです。

 

不適切な表示に関連するコンテンツ

虚偽や誇大広告(「必ず儲かる!」など)はNGです。

 

コンテンツポリシーは定期的にチェックしましょう

Googleはコンテンツポリシーを改定することがあります。

「Google AdSenseに申し込んだ際は問題のないコンテンツだったが、ポリシーの改定によって禁止コンテンツとなってしまった」という場合もありえます。

ですから、自分のウェブサイトやブログの内容がコンテンツポリシーを違反していないか、Google AdSenseのヘルプを定期的にチェックしましょう。

参考

 

家族や職場に見せても大丈夫か?

当然ですが、Google AdSenseのコンテンツポリシーには、明確な基準や定義はありません。

ですから、時には「これはポリシー違反だろうか?」と悩むこともあるでしょう。

そんな時は家族(子供)に見せたり、職場で閲覧しても大丈夫なものかと考えてみるのが良いでしょう。

 

例えば、水着を着た女性の写真をブログに掲載するとして、それが子供に見せたり、職場で堂々と閲覧できるものであるならば、問題ないでしょう。

逆にグラビアなど特に年齢制限などがない写真でも、子供の前や職場で見るのが憚られるならば、Googleの基準でもNGと考えていいでしょう。

 

どうしても自分で判断がつかない(でもできれば掲載したい)というコンテンツがある場合はAdSenseのメールサポートで問い合わせてみましょう(メールサポートが使えるのは一定基準を満たしたユーザーのみです)。

参考:Google AdSenseでメールサポートを受ける方法

 

まとめ

Google AdSenseは非常に優良なアドネットワークです。

AdSenseが使えなくなるのはウェブサイトやブログをマネタイズ(収益化)する上で非常に痛いのでコンテンツポリシーは厳格に守る様にしましょう。

ポリシー違反をしてしまっても、悪質でない軽度なものであれば、警告や広告配信の停止ですみます。

しかし、中には児童ポルノの様に一発でアカウントが削除され、二度とAdSenesを利用できなくなってしまうものもあるので要注意です。

 

なお、Google AdSenseで一定額以上の収益を上げている方は、メールサポートが使える様になります。

メールサポートではコンテンツポリシーについても質問できるので、気になる方は活用してみましょう。

参考:Google AdSenseでメールサポートを受ける方法