Google AdSenseは児童ポルノを扱うと一発でアカウント閉鎖に!

Google AdSenseを設置しているブログやサイトに児童ポルノと判断されるコンテンツがあった場合、Google AdSenseのアカウントは一発で閉鎖(剥奪)されます。

 

児童ポルノによるアカウント閉鎖

Google AdSenseはよほど悪質なポリシー違反でない限り、アカウントは閉鎖にはなりません。

 

例えば、サイト内にグラビアアイドルなどの性的な画像があった場合、「画像の数が1枚だけ」など、悪質でない場合は、当該記事の広告掲載の停止やアカウントが停止されます。

しかし、ポリシー違反を訂正すれば(例の場合はグラビアアイドルの性的な画像を削除すれば)、アカウントは再びアクティブになり、AdSenseの掲載が再開されます。

 

ですが、児童ポルノだけは別です。

グラビアアイドルやアダルトビデオなどの禁止コンテンツはよほど悪質でない限り、アカウント閉鎖にはなりませんが、児童ポルノは一発でアカウント閉鎖になります。

 

児童ポルノの定義が厳しいので注意!

児童ポルノをブログやサイトに掲載することは、Google AdSenseのポリシー以前に、日本の法律に違反していますから、「ブログに児童ポルノなんて掲載するわけない」と考えている方は多いかもしれません。

しかし、児童ポルノの定義に注意してください。

日本の児童ポルノの定義は以下の通りです。

1.児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態(1号)

2.他人が児童の性器等(性器、肛門又は乳首)を触る行為又は児童が他人の性器等(性器、肛門又は乳首)を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの(2号)

3.衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって、殊更に児童の性的な部位(性器等若しくはその周辺部、臀部又は胸部)が露出され又は強調されているものであり、かつ、性欲を興奮させ又は刺激するもの(3号)

少々複雑ですが、カンタンに言うと「性的な実在の児童(18歳未満の人間)の姿が映ったもの」といった感じです。

 

一方で、Google AdSenseの児童ポルノの基準はアメリカ合衆国の連邦法に法っており、日本のそれよりもっと厳しいものです。

Google AdSenseでは実在の児童だけでなく、イラスト、フィギュアなどの画像も、性的かつ児童に見えると判断すれば、児童ポルノとして扱います。

また、実年齢は成人であっても、見た目が児童に見えれば児童ポルノです。

 

日本人および、日本人をモデルとした絵やフィギュアなどは欧米人と比べて幼く見られがちなので、日本人の感覚では大人でもアメリカ基準のGoogle AdSenseから見れば児童ポルノと判定されるリスクもあります。

 

アカウント閉鎖は大手サイトであっても容赦なし!

Google AdSenseは毎月の収入が一定基準(だいたい1万円くらい)を越えると、メールサポートが使えるようになります。

参考:Google AdSenseでメールサポートを受ける方法

さらに、大手サイトなどになると、専任の担当者が付き、Google AdSenseの利用をサポートしてくれます。

 

このように、結果を出しているサイトにはGoogle AdSense側も特別の待遇を用意してくれます。

しかし、児童ポルノに関してはこうした特別待遇を受けているアカウントであっても容赦なく一発でアカウント閉鎖です。

 

アカウントが閉鎖したら、二度とAdSenseを利用できない

自分でGoogle AdSenseのアカウントを閉鎖(退会)した場合は、また再度Google AdSenseに申し込むことができます。

しかし、ポリシー違反により、強制的にGoogle AdSenseアカウントが閉鎖になってしまった場合は、二度とGoogle AdSenseを利用することができなくなります。

 

Google AdSenseは児童ポルノに関係なく、エロ系のコンテンツは禁止ですし、児童ポルノは日本の法律で禁じられています。

ですから、よほどのことがない限り、児童ポルノに関するポリシー違反でGoogle AdSenseアカウントが閉鎖させられることはないと思います。

ですが、先ほども述べたとおり、児童でなくても、ポルノでなくても場合によっては児童ポルノと判断され、アカウントが閉鎖されてしまう可能性があります。

 

Google AdSenseを利用しているサイト、ブログは、アカウント閉鎖の憂き目に会わぬように、細心の注意を払って運営しましょう。